女性ファンも増加中!鉄道旅行の持つ魅力とは

ラッピング電車が楽しい!

鉄道ファンには、男性が多いといわれていましたが、最近では鉄子や鉄女と呼ばれる女性ファンも増えています。幅広いファンに支持される鉄道で旅行する魅力はどんなところにあるのでしょうか。日本の鉄道には、魅力的な車両が数多くあります。普段使っている通勤電車でも、ラッピング電車を見掛けたことがある、という方もいるかもしれません。都心部でもお馴染みとなったラッピング電車は、観光地でも活躍しています。その土地にゆかりのあるキャラクターを描いたカラフルな電車が、色んな場所で走っていますよ。車両の外側のみならず、車内にもキャラクターが描かれている電車もあります。また、駅周辺にもキャラクターの像が建っていたり、と旅の思い出を作れるスポットが、沢山見つかりますよ。

個性を持つ特急列車での旅が素敵!

目的地まで快適にアクセスできる特急列車には、デザイン性はもちろんのこと、サービス面でも様々な魅力を持つ列車が多くみられます。車内での居心地の良さを追求し、景色の見えやすさを重視して配置された客席では、移動しながら旅の美しい思い出を増やしていけます。車内販売を行っている列車も多数あり、限定グッズや限定のグルメなどが販売されています。ご当地ならではの珍しい食べ物なども購入できるので、移動の時間を有効に利用して、お土産選びができます。最近では、車内で豪華な食事を提供するご当地グルメ列車も各地で話題となっています。フレンチのコース料理や、繊細な料理の数々が味わえる松花堂弁当など、こだわりを持って作られた上質な料理が味わえますよ。スイーツを楽しめるグルメ列車も人気です。

観光

これを選べばお得で美味しい旅が待っている!電車、宿、ご飯付きの伊豆の旅

JRのびゅうパックを利用して伊豆を旅しよう

都心からそこそこの距離で1泊2日の旅はないかなーとお考えの皆さん。熱海、伊東、伊豆方面がおすすめですよ。温泉処のこれらの地域は人気エリアで沢山の宿があります。都心の喧騒から離れて休日をゆっくりしたいなという時に最適です。伊豆方面への旅でお得なのが、JRで企画しているびゅうパックの旅です。伊豆方面への旅が沢山でているのですが、電車代、宿代、夕食、朝食もついてリーズナブルなお値段で旅することができます。東京駅出発便などが用意され、駅弁を買って列車に乗り込めば旅がもっと楽しくなります。伊豆方面は海の近くも通るので景色を楽しみながら旅することができます。自分で宿を予約して、電車も指定席を取ってとやっていると結構金額もかかります。それにくらべびゅうパックを利用するとお得に旅することができますよ。

色々ある宿を選んでみよう

伊豆方面には沢山の宿があります。びゅうパックの中でも高級旅館に泊まろうとするとお値段が上がってしまいますが、低料金プランでもかなり充実した内容になっています。お部屋のランクも普通で十分楽しめます。何といっても夕食も朝食もついているのでお得感満載です。格安だからといって質素なものではないところがびゅうパックの良いところでしょう。伊豆で有名な金目鯛の煮つけがでてきたり、新鮮なお刺身がついていたりします。バイキングやお部屋食など宿によって様々ですので、お食事内容や、部屋からの景色、どんな温泉かを見て選ぶと良いでしょう。びゅうパックの公告以外にも、宿のホームページなどで確認すると宿についてよく理解しやすいですよ。伊豆方面では、下田や熱川、伊豆高原など観光スポットも点在しています。観光してみたい場所を見つけて、近くの宿を予約するのもおもしろいですね。

旅行

お金をかけずに海外へ!交通費と宿代を節約しつつエンジョイするコツ

ローコストキャリア、LCCを乗りこなせ!

毎年1千万人以上の人が、海外で休暇を過ごしています。土・日の休みに一日だけ有休を追加して、2泊3日で海外へ旅する人も少なくありません。海外旅行へのハードルを下げてくれるのがローコストキャリア、略してLCCと呼ばれる格安の航空会社です。機内食やドリンクは有料で、テレビなどのコンテンツは付いていません。が、必要な物は持ち込んでしまえばいいのです。手荷物検査・出国審査を過ぎた後の売店や自販機で売っているドリンクは、基本的に機内への持ち込みが可能です。スマホなどの端末も、電波を発しない設定にしておけば、ほとんどの航空会社でフライト中の使用がOKです。お気に入りの音楽や映画を楽しみながら、ゆったりとフライト時間を過ごしましょう。

民泊やゲストハウスで、低予算でも楽しい旅を

旅費の多くを占めるのが、交通費と宿泊費です。宿泊できる場所はホテルだけとは限りません。安く、ときには無料で現地の人に泊めてもらえる民泊のシステムを利用してみるのはいかがでしょうか。安いだけでなく、その国に住む人々の暮らしが見えるので、旅の素敵な思い出になるでしょう。一人で旅行される方には、ゲストハウスのドミトリータイプの部屋をおすすめします。自分のスペースはベッド一つ分だけですが、1泊数千円で利用することができます。世界中の旅行好きが集まっているので、ぜひ他の旅行客にも話しかけてみてください。仲間を募って、一人では入りにくいレストランに行ったり、一緒にレンタカーを借りたり…といった道連れができるのも、ゲストハウスのいいところです。

観光協会

旅行の荷物をコンパクトにまとめる裏技があった!

台所にあるビニール袋が洋服入れに

旅行といえば、キャリーバックなどの旅行カバン。着替えに洗面具など沢山の荷物で旅行カバンがパンパンになる人も沢山います。特にかさばる着替えなどをスッキリと収納するのに、最近では圧縮袋などが販売されています。きちんと洋服やタオルを畳んで袋にいれ空気を抜くだけで、容量が驚くほど小さくなります。専用の袋が見つからない場合は、台所でよく使う密閉性の高いビニール袋でも代用することが出来ます。使い方は同じで洋服を畳んでしまい封をした後、封の端を少しだけ開けて空気を抜くだけです。たった、これだけでカバンの中により多くの荷物を仕舞うことができるようになります。また、カバンの中がスッキリと整頓されるので、知り合いと旅行に行った際にカバンの中を見られても恥ずかしくありませんね。

洗濯用のあの袋が旅行のときに大活躍

とても楽しい旅行ですが、帰宅して後に待っている洋服の洗濯は大変と感じる方も少なくないようです。特に、旅行先でお土産でいっぱいになって閉まったカバンに無理矢理に衣類を詰め込んでしまった場合などは、自宅でその衣類の整理から行わなくてはいけません。そのような時に便利なのが洗濯用のネットでできた袋です。本来は、洗濯する時に細かい物がバラバラにならないようにと考えられた袋ですが、旅行の際にも多いに活用することができます。この袋の利点は、そのまま中身を出さずに洗濯機の中に入れることができるという点です。旅行先で、着終わった服や下着を全てこの袋に入れておけば、カバンを開けたときに人に見られても、整理されているように見えるので安心です。

旅芸人

旅行を二倍楽しむために!余裕のあるスケジュールがおすすめ

旅行する計画を立てる前に

旅行をする計画があるなら、余裕のあるスケジュールを立てることが大切です。なぜなら、予測できない事態が発生する可能性があるからです。また、現地で思いがけないお店を見つけた場合、時間に余裕があるなら立ち寄ることができます。まず、一日に訪れたい観光地を定めましょう。移動時間が長いと、訪れるレジャー施設やお店が限られてしまいます。できるだけ移動時間が短くて済むように、目的のレジャー施設やお店を絞っておくことが大事です。尚、観光地では待ち時間について配慮することも大切です。行列ができる評判のお店などは、思いがけず時間がかかってしまいます。ほかのお店に入ることも予定に入れて、臨機応変な対応を心がけましょう。

観光地に着いたら気をつけたいこと

実際に旅行に出かけた時に、予定外の行動をするケースも見受けられます。地元の方からおいしいお店を教えてもらったり、写真撮影に最適なスポットを見つけたりする場合はよくあります。けれど、スケジュールに余裕があるなら、立ち寄ることができます。さらに、お土産を販売しているお店では、あらゆる特産品や伝統工芸品などを販売しています。そのために、さまざまなお土産を見比べて、時間が足りなくなることもあります。そのような場合でも、スケジュールに余裕があるなら、時間をかけてじっくりお土産を選ぶことができます。楽しみが増えれば、思い出も二倍になりますから、旅行のスケジュールを立てる時には時間的な余裕を持たせましょう。

バカンス