車で旅行をする際の、メリットとデメリット

好きな時間に移動が出来る

旅行の移動手段はさまざまですが、車で移動をしようと思った際、どんなメリットとデメリットが存在するのでしょうか。まずはメリットについてお話したいと思います。大きなメリットとしては、好きな時間帯に移動が出来るということが挙げられます。旅行先でめいっぱい遊ぶために、早朝から出発するということも可能ですし、元気がある若い方であれば、面倒な峠越えなどは夜中にしてしまうということも出来ます。さらに、車にはトランクや空いた座席などの広いスペースがありますので、旅行に持っていく荷物を制限しなくても良いという面もあります。車種によっては、スノーボードやサーフボードや自転車も積めてしまうので、荷物を気にしなくて良いという点は非常に良いと言えるでしょう。

渋滞に巻き込まれる恐れがある

反対に、車を移動手段として使う旅にはデメリットもあります。それは、渋滞に巻き込まれる恐れがあるということです。特に行楽シーズンなどは、日本国民が一斉に動き出しますので、主要な道路はたくさんの車で埋まってしまうという事態に陥ってしまいます。よほど上手く道路を選んで進むか、混雑する時間帯を避けて移動するという方法と取らない限り、30分で到着するはずの目的地まで2時間もかかってしまうということになりかねません。せっかく到着しても運転手の疲労が溜まっているので、全員で楽しく遊ぶことが出来ないという羽目に陥ることもあるのです。旅行の移動手段として車を使う際には、出来る限り渋滞を避ける道を選んで進むようにしましょう。

タビマスターズ

女性ファンも増加中!鉄道旅行の持つ魅力とは

ラッピング電車が楽しい!

鉄道ファンには、男性が多いといわれていましたが、最近では鉄子や鉄女と呼ばれる女性ファンも増えています。幅広いファンに支持される鉄道で旅行する魅力はどんなところにあるのでしょうか。日本の鉄道には、魅力的な車両が数多くあります。普段使っている通勤電車でも、ラッピング電車を見掛けたことがある、という方もいるかもしれません。都心部でもお馴染みとなったラッピング電車は、観光地でも活躍しています。その土地にゆかりのあるキャラクターを描いたカラフルな電車が、色んな場所で走っていますよ。車両の外側のみならず、車内にもキャラクターが描かれている電車もあります。また、駅周辺にもキャラクターの像が建っていたり、と旅の思い出を作れるスポットが、沢山見つかりますよ。

個性を持つ特急列車での旅が素敵!

目的地まで快適にアクセスできる特急列車には、デザイン性はもちろんのこと、サービス面でも様々な魅力を持つ列車が多くみられます。車内での居心地の良さを追求し、景色の見えやすさを重視して配置された客席では、移動しながら旅の美しい思い出を増やしていけます。車内販売を行っている列車も多数あり、限定グッズや限定のグルメなどが販売されています。ご当地ならではの珍しい食べ物なども購入できるので、移動の時間を有効に利用して、お土産選びができます。最近では、車内で豪華な食事を提供するご当地グルメ列車も各地で話題となっています。フレンチのコース料理や、繊細な料理の数々が味わえる松花堂弁当など、こだわりを持って作られた上質な料理が味わえますよ。スイーツを楽しめるグルメ列車も人気です。

観光

これを選べばお得で美味しい旅が待っている!電車、宿、ご飯付きの伊豆の旅

JRのびゅうパックを利用して伊豆を旅しよう

都心からそこそこの距離で1泊2日の旅はないかなーとお考えの皆さん。熱海、伊東、伊豆方面がおすすめですよ。温泉処のこれらの地域は人気エリアで沢山の宿があります。都心の喧騒から離れて休日をゆっくりしたいなという時に最適です。伊豆方面への旅でお得なのが、JRで企画しているびゅうパックの旅です。伊豆方面への旅が沢山でているのですが、電車代、宿代、夕食、朝食もついてリーズナブルなお値段で旅することができます。東京駅出発便などが用意され、駅弁を買って列車に乗り込めば旅がもっと楽しくなります。伊豆方面は海の近くも通るので景色を楽しみながら旅することができます。自分で宿を予約して、電車も指定席を取ってとやっていると結構金額もかかります。それにくらべびゅうパックを利用するとお得に旅することができますよ。

色々ある宿を選んでみよう

伊豆方面には沢山の宿があります。びゅうパックの中でも高級旅館に泊まろうとするとお値段が上がってしまいますが、低料金プランでもかなり充実した内容になっています。お部屋のランクも普通で十分楽しめます。何といっても夕食も朝食もついているのでお得感満載です。格安だからといって質素なものではないところがびゅうパックの良いところでしょう。伊豆で有名な金目鯛の煮つけがでてきたり、新鮮なお刺身がついていたりします。バイキングやお部屋食など宿によって様々ですので、お食事内容や、部屋からの景色、どんな温泉かを見て選ぶと良いでしょう。びゅうパックの公告以外にも、宿のホームページなどで確認すると宿についてよく理解しやすいですよ。伊豆方面では、下田や熱川、伊豆高原など観光スポットも点在しています。観光してみたい場所を見つけて、近くの宿を予約するのもおもしろいですね。

旅行

お金をかけずに海外へ!交通費と宿代を節約しつつエンジョイするコツ

ローコストキャリア、LCCを乗りこなせ!

毎年1千万人以上の人が、海外で休暇を過ごしています。土・日の休みに一日だけ有休を追加して、2泊3日で海外へ旅する人も少なくありません。海外旅行へのハードルを下げてくれるのがローコストキャリア、略してLCCと呼ばれる格安の航空会社です。機内食やドリンクは有料で、テレビなどのコンテンツは付いていません。が、必要な物は持ち込んでしまえばいいのです。手荷物検査・出国審査を過ぎた後の売店や自販機で売っているドリンクは、基本的に機内への持ち込みが可能です。スマホなどの端末も、電波を発しない設定にしておけば、ほとんどの航空会社でフライト中の使用がOKです。お気に入りの音楽や映画を楽しみながら、ゆったりとフライト時間を過ごしましょう。

民泊やゲストハウスで、低予算でも楽しい旅を

旅費の多くを占めるのが、交通費と宿泊費です。宿泊できる場所はホテルだけとは限りません。安く、ときには無料で現地の人に泊めてもらえる民泊のシステムを利用してみるのはいかがでしょうか。安いだけでなく、その国に住む人々の暮らしが見えるので、旅の素敵な思い出になるでしょう。一人で旅行される方には、ゲストハウスのドミトリータイプの部屋をおすすめします。自分のスペースはベッド一つ分だけですが、1泊数千円で利用することができます。世界中の旅行好きが集まっているので、ぜひ他の旅行客にも話しかけてみてください。仲間を募って、一人では入りにくいレストランに行ったり、一緒にレンタカーを借りたり…といった道連れができるのも、ゲストハウスのいいところです。

観光協会

旅行の荷物をコンパクトにまとめる裏技があった!

台所にあるビニール袋が洋服入れに

旅行といえば、キャリーバックなどの旅行カバン。着替えに洗面具など沢山の荷物で旅行カバンがパンパンになる人も沢山います。特にかさばる着替えなどをスッキリと収納するのに、最近では圧縮袋などが販売されています。きちんと洋服やタオルを畳んで袋にいれ空気を抜くだけで、容量が驚くほど小さくなります。専用の袋が見つからない場合は、台所でよく使う密閉性の高いビニール袋でも代用することが出来ます。使い方は同じで洋服を畳んでしまい封をした後、封の端を少しだけ開けて空気を抜くだけです。たった、これだけでカバンの中により多くの荷物を仕舞うことができるようになります。また、カバンの中がスッキリと整頓されるので、知り合いと旅行に行った際にカバンの中を見られても恥ずかしくありませんね。

洗濯用のあの袋が旅行のときに大活躍

とても楽しい旅行ですが、帰宅して後に待っている洋服の洗濯は大変と感じる方も少なくないようです。特に、旅行先でお土産でいっぱいになって閉まったカバンに無理矢理に衣類を詰め込んでしまった場合などは、自宅でその衣類の整理から行わなくてはいけません。そのような時に便利なのが洗濯用のネットでできた袋です。本来は、洗濯する時に細かい物がバラバラにならないようにと考えられた袋ですが、旅行の際にも多いに活用することができます。この袋の利点は、そのまま中身を出さずに洗濯機の中に入れることができるという点です。旅行先で、着終わった服や下着を全てこの袋に入れておけば、カバンを開けたときに人に見られても、整理されているように見えるので安心です。

旅芸人

旅行を二倍楽しむために!余裕のあるスケジュールがおすすめ

旅行する計画を立てる前に

旅行をする計画があるなら、余裕のあるスケジュールを立てることが大切です。なぜなら、予測できない事態が発生する可能性があるからです。また、現地で思いがけないお店を見つけた場合、時間に余裕があるなら立ち寄ることができます。まず、一日に訪れたい観光地を定めましょう。移動時間が長いと、訪れるレジャー施設やお店が限られてしまいます。できるだけ移動時間が短くて済むように、目的のレジャー施設やお店を絞っておくことが大事です。尚、観光地では待ち時間について配慮することも大切です。行列ができる評判のお店などは、思いがけず時間がかかってしまいます。ほかのお店に入ることも予定に入れて、臨機応変な対応を心がけましょう。

観光地に着いたら気をつけたいこと

実際に旅行に出かけた時に、予定外の行動をするケースも見受けられます。地元の方からおいしいお店を教えてもらったり、写真撮影に最適なスポットを見つけたりする場合はよくあります。けれど、スケジュールに余裕があるなら、立ち寄ることができます。さらに、お土産を販売しているお店では、あらゆる特産品や伝統工芸品などを販売しています。そのために、さまざまなお土産を見比べて、時間が足りなくなることもあります。そのような場合でも、スケジュールに余裕があるなら、時間をかけてじっくりお土産を選ぶことができます。楽しみが増えれば、思い出も二倍になりますから、旅行のスケジュールを立てる時には時間的な余裕を持たせましょう。

バカンス

初めての海外旅行!ツアーの選び方と間違いやすいポイントまとめ

目的が大事!パックツアーはツアー内容で決定しよう

初めての海外旅行でまず大切なポイントとなるのがその目的です。単純に観光目的だけで行くのか、買い物やアクティビティーなど多用な楽しみ方をする為に行くのか、ある程度、はっきりさせておく必要があります。特に添乗員付きのパックツアーでの海外旅行となると現地での自由な行動は制限され、ツアー工程に沿った団体行動を求められるので、最初に立てた目的に沿っていない場合、楽しくない旅行となってしまいます。もちろん宿泊するホテルや交通手段以外は自由に行動できるフリープランのパックツアーもありますが、こちらを選択した場合、事件に巻き込まれる危険性、主に外国語の習熟度や海外での経験値の低さからくるトラブルが起こりやすくなってしまいます。特に最近はテロ事件が増加傾向にあるので大切なポイントですよね。その為、初心者向けとしては、やはりバックアップ体制が整っている添乗員付きのパックツアーが無難な選択となります。一方で、旅行好きの友人などと一緒のツアー旅行であれば、フリープランでも十分安全性を保てる筈です。自由度、快適性、安全性、どれを重視するのかは難しい選択ですが、適切なバランス感覚で選択しなければなりません。

予算が大事!だけどホテルや食事のグレードも考慮する

ツアーを利用する側からいえばツアー料金は安ければ安いほど嬉しいですよね。ですが、ホテルのクラスやお部屋の選択の自由度、食事の充実度などは当然、ツアー料金内でのグレードとなってしまいますので、料金だけで選択することなく、希望に沿ったサービス内容も考慮する必要があります。また、フリープランのツアーパックの場合、現地でのアクティビティー参加や食事は別料金となる他、さらに、ツアー内容に関係なく海外旅行では燃油サーチャージなども別途料金が掛かるので要注意です。料金に関していえば、ツアー料金を安くする裏技も存在し、申し込むタイミングをうまく調整することで可能になります。例えば、特定のツアーは同じ場所でも季節ごとにツアー料金が変動するので、その変動をうまく利用していつもより安い金額で申し込む方法がありますし、旅行会社が定期的に行っているツアーへの早期申し込みでの割引や、タイムセールでの減額を活用する方法も存在します。

放浪

写真だけじゃない!旅の記録を残しておく方法とは

気になる風景をスケッチして思い出づくり

旅行先で、訪れたところの記録を残すのに便利なのが写真ですよね。最近では、カメラを持って行かなくても、スマートフォンでも高画質で写真が写せるようになり、写真がますます身近なものとなりました。写真以外にも、自分なりのタッチで気になる景色を残せる方法があります。小さなスケッチブックと、色鉛筆や小さな絵の具セットを持ち歩けば、町並みや季節感あふれる景色を、スケッチすることができます。丁寧に時間を掛けて描かなくても、目に飛び込んできたものをひとつだけ描く絵もインパクトがあっていいですよ。絵を描こうと景色を眺めることで、より深く心にその風景を刻むこともできます。絵を描くのに必要な道具は、最近では100円均一ショップでも売っています。

俳句を詠んで、瞬間を切り取ってみよう

言葉で旅の思い出を綴るのも素敵な方法です。文章の形で残してもよいですし、俳句や短歌を作るのもおすすめです。日本の詩歌には、昔から名所や観光地を訪れて、詩歌を詠む吟行という伝統があります。旅に出て俳句を詠むことは、そんな伝統にも則った風情のある行為です。最近では、テレビやラジオでも、俳句を作る番組が人気番組となっていて、俳句が以前より親しみのあるものになってきたような気がしますよね。俳句に必要な季語は、インターネットでも検索することができますし、メモ用紙とペンがなければ、スマートフォンのメモ帳を使って作ることもできます。季節感を生き生きと詠み込める俳句なら、旅先での思い出を自分なりの言葉で記憶できますよ。

余暇

旅行する時期をずらす!?安い時期を利用して旅費を安くする

旅行は値段が安くなる時期を狙う

旅行するとなると、ホテル代やお土産の料金などで多くのお金を使ってしまう事例があります。できることなら旅費代を安くして、節約していきたいでしょう。それでは旅費代を安くできるのかと言えば、実は代金を節約することができます。どんな方法があるのかと言えば、それは旅行のシーズンがオフになっているときを狙うというものです。シーズンがオフのときにはホテルなどの宿泊代金が安くなっていることがあるので、それを活用して旅費を低下させていくのです。つまり、旅行する時期を休日やピーク時以外にずらすことによって旅費代が安くなってきます。旅行に行くときに旅費代金を安くしようと思えば、シーズンオフを検討してみるのも良いですよ。

休日やピーク時以外の時期を狙う他の理由

旅行において休日やピーク時以外を設定すると旅行代金を安くできるようになりますが、それ以外にもメリットが生まれます。シーズンがオフになっているので、交通機関の混雑を回避できることに加えて席の確保を行いやすいという現象が生じます。この他にも、観光地においてもごった返すという事態を避けるということにも結び付いてきます。以上からして、旅行の日程を休日及びピークを避けることによって混雑を回避するという効果を獲得できます。旅行の時期をずらすという工夫を実施することによって、恩恵を受けていく事態になります。旅行をしようと思い立ったときには、休日並びにピークの時期以外を狙ってみるのも案外いいかもしれませんね。

世界旅行博

格安アジアツアーに行く時はどういうツアーを選ぶのがいいの?

ウェブサイトか代理店で

低価格で美容とグルメを楽しむことができることから、根強い人気を誇っているアジア方面のツアーですが、最近は一万円くらいで行くことのできるものまであるので、学生さんでも国内旅行並みに気軽に行くことができるようになりました。新聞や折り込みチラシにもよく格安アジアツアーの広告が入っていますよね。いざ格安アジアツアーに行くことになった場合、ツアーを探すなら旅行代理店の運営しているウェブサイトか、直接店舗まで行くかして探すことになります。サイトだと自宅でも外出先でも時間がある時に探して申し込みをすればいいメリットがあります。直接店舗まで出向いた場合は、無料のパンフレットがたくさんもらえますし、直接相談もできますね。

極端に安いところは注意?

基本的に安さが大きな魅力のアジアツアーですが、それでも極端に安いのはそれなりの理由があるのでその点をよく把握したうえで申し込みをするかどうかを決めた方がいいですよ!現地に到着する時間が夜になっている場合など、滞在時間が短めになっているところはかなり格安になっていますが、週末だけ旅行に行くだけならそれで充分だったりしますし、観光でもナイトスポットなどを中心に遊びたい人にはまったく問題ありませんよね。ホテルが安いところを用意している所もさらに安い価格になっていますが、ホテルにいるのは短い時間ですし、特にこだわりがないタイプの人にとってはかなりの穴場ツアーでもあります。要は使い方次第ということですよね。

旅行ガイドブック