旅行の荷物をコンパクトにまとめる裏技があった!

台所にあるビニール袋が洋服入れに

旅行といえば、キャリーバックなどの旅行カバン。着替えに洗面具など沢山の荷物で旅行カバンがパンパンになる人も沢山います。特にかさばる着替えなどをスッキリと収納するのに、最近では圧縮袋などが販売されています。きちんと洋服やタオルを畳んで袋にいれ空気を抜くだけで、容量が驚くほど小さくなります。専用の袋が見つからない場合は、台所でよく使う密閉性の高いビニール袋でも代用することが出来ます。使い方は同じで洋服を畳んでしまい封をした後、封の端を少しだけ開けて空気を抜くだけです。たった、これだけでカバンの中により多くの荷物を仕舞うことができるようになります。また、カバンの中がスッキリと整頓されるので、知り合いと旅行に行った際にカバンの中を見られても恥ずかしくありませんね。

洗濯用のあの袋が旅行のときに大活躍

とても楽しい旅行ですが、帰宅して後に待っている洋服の洗濯は大変と感じる方も少なくないようです。特に、旅行先でお土産でいっぱいになって閉まったカバンに無理矢理に衣類を詰め込んでしまった場合などは、自宅でその衣類の整理から行わなくてはいけません。そのような時に便利なのが洗濯用のネットでできた袋です。本来は、洗濯する時に細かい物がバラバラにならないようにと考えられた袋ですが、旅行の際にも多いに活用することができます。この袋の利点は、そのまま中身を出さずに洗濯機の中に入れることができるという点です。旅行先で、着終わった服や下着を全てこの袋に入れておけば、カバンを開けたときに人に見られても、整理されているように見えるので安心です。

旅芸人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です